メンバー紹介

ものつくりのイロハを、1から教える教育体制

花井金型で活躍するメンバーは、新卒・中途の採用のきっかけも、理系・文系の出身畑も様々。現場スタッフの半数以上が金型について全く知らなかった、いわゆる”シロウトさん”だったのが特徴です。
未経験者でも活躍できるステージに上がってもらうため、入社後、工具の説明や使い方といった基本的なイロハから、マンツーマンで丁寧に指導致します。「ものづくりに携わりたい!」「キレイに作ることが出来たときの気持ち良さを知っている!」そんな想いを持った方と、私たちは一緒に金型製作を追求していきたい、そう考えています。

【具体的には】
現代の金型製作は、ほとんどが工作機械を使って行われます。そのため、弊社ではひとり一台のパソコン(CAD/CAM)を使用して加工データを作り、NCフライス・マシニングセンターなど用途に応じた工作機械を使用します。様々な種類のマシンに触れる機会と経験は、何物にも代えがたいアドバンテージです。
未経験者の方でしたら、まずは簡単な穴あけからスタート。少しずつステップアップしていただきます。

ものつくりのイロハを、1から教える教育体制

花井金型のメンバー紹介

岡田 孝行
名前:岡田 孝行
役職:製造部長
仕事内容:製作全般
入社年:1999年3月(新卒入社)

●私が花井金型を選んだ理由

受注生産の一点物の仕事なので、流れ作業のような仕事ではなく、作業工程を自分で考える必要があるところやスキルを身につけることが出来るところ。

●入社後~現在までの仕事内容

二次元のCADを使いNCフライスでの加工、ワイヤーカット加工に携わり、現在は三次元CADやマシニングセンターでの加工をおこなっています。

●今後、身に付けて行きたい私の目標

今後は難削材加工や5軸加工などを身につけていければ、お客様のお役に立てると思います。


花井
名前:花井 幸平
役職:総務企画部長
仕事内容:NC、MCでの加工全般
入社年:2008年4月(中途入社)

●花井金型に入社して良かったこと

それまでの自分とは間逆の仕事だったからこそ、経験を重ねて大きな自信を手にすることが出来ました。

●花井金型を一言で表すと、こんな会社です!

少数だからこそ、ちゃんと一人一人と向き合ってくれる会社。アメとムチの使い方が巧い(笑)。

●プラスチック金型を製作する醍醐味とは?

自分たちの作った金型で出来た製品(商品)を市場で目にした時。自慢したくなります。でも、他言してはいけません。

松岡 幸祐
名前:松岡 幸祐
役職:製造主任
仕事内容:ワイヤーカット、放電加工を中心に製作全般
入社年:2006年2月(中途入社)
モットー:有言実行

●入社後~現在までの仕事内容

ワイヤーカット機、放電加工機をメインに穴あけから製品加工までやらせてもらっています。

●花井金型に入社して良かったこと

チャレンジしてみたい事は、どんどんやらせてもらえるのでとても楽しいです。恵まれた環境で良かったと思っています。

●「だからこの仕事が面白い!」嬉しかった・やりがいを感じたエピソード

自分が加工した金型で作られた製品が流通しているのを見ると、やりがいを感じます。嬉しいですね。


花井
名前:萬田 広大
仕事内容:足回り、一部製品部加工
入社年:2014年6月(新卒入社)

●入社後~現在までの仕事内容

足回りを中心とした研磨関係とワイヤー前段取り・入子の裏加工を行っています。

●花井金型に入社して成長を実感したこと

まだまだ未熟ですが、自分の任された仕事を自分が設定した期日に間に合わせるために段取りを考えながら作業が出来るように成ってきているところ。

●今後、身に付けて行きたい私の目標

MC加工をもっと行えるようになりたいのと、製品部加工にもっと携われるようになりたいです。


プラスチック金型って何?

Q&A

メンバー紹介

Facebook

株式会社 花井金型製作所

0574-27-4666

〒505-0051

岐阜県美濃加茂市加茂野町鷹之巣878-1

メールでのお問い合わせ

受付時間:9時~17時

メールでのお問い合わせ

Copyright © 花井金型製作所 Co.,Ltd. All rights reserved.